家の外観をすっきり生まれ変わらせる外壁塗装は家のメイク

定期的なお手入れが必要

二人の女性

10年に一度は塗り直し

住宅の外壁は、定期的なお手入れが必要です。外壁は、常に刺激を受け続けており、直射日光や風雨、雪など、日々、外的要因老朽化が進行しているのです。外壁の痛み具合は、塗装剤の種類や性能、立地条件などによっても差が出ますが、一般的には10年に一度は塗り直しが必要とされています。千葉で外壁塗装をお考えなら、外壁の無料診断がおすすめです。屋根の診断も同時に実施可能で、プロが無料で現地を訪問して丁寧に検査をします。修理や塗り直しの必要がなければ、工事を勧めることはありませんので、無料診断は大きな安心材料になります。工事を実施したい場合には、無料で見積もりも行ってくれますので、千葉の外壁塗装の業者に一度相談してみるとよいです。業者によっては、門や塀などの外回りや雨戸・戸袋まで家ごとトータルに診断してくれます。

建物が長持ち

千葉の業者が外壁塗装に使用する塗料は、市販品よりも耐久力に優れています。さらに防水性も高いので、持ちが違います。厳しい耐久性、防水性の試験を実施し、クリアした塗料を使用しているのです。紫外線にさらされた外壁は劣化するとチョーキング現象が起きてきます。表面が崩れて、粉状に分解されてしまうのです。千葉の外壁塗装では、このような現象が10年以上経過しても起きません。業者によっては、15年を経過してもこの現象が起きない塗料を使用しています。耐久性が高いということは、塗り直しの回数が減るので、長い目で見て非常にお得になります。抗菌、防かび作用のある塗料を使用して、菌やかびの繁殖を抑制する塗料もあり、建物が長持ちします。